つれづれなるままに。


by tsure-dure
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

08年シュトレン祭り!@bonさん便

クリスマスまで、もうあと数日ですね~。
パン好きにとって、クリスマスに欠かせないものになってきたのが、「シュトレン」。

いつの間にやら、その辺のスーパーのベーカリーコーナーでも見かけるようになっていて、
徐々に市民権をも取得しつつあるようです。


ブログがご縁で大変お世話になっているbonさんより、泣けるほど嬉しいお届け物が!


何と何と、大阪「Four de h」のシュトレンです~~!
c0088739_19563719.jpg


まさかアッシュのシュトレンが目の前に…一生ムリだと諦めていたのに…
本っ当に有難う御座いますっっ!何とお礼を申し上げたら良いか…!

大きさは、普通と言って良いでしょうか。
c0088739_19564928.jpg

しかし持ってみるつズッシリ重たいです。こういう時はやりたくなりますね~

いざ実測!
c0088739_1957168.jpg



中は、ドライフルーツやナッツ、そしてゴロリ大きなドレンチェリー!
c0088739_19572115.jpg
上の砂糖は一体化していました。

そして底の姿に、妙に感動してしまいました(汗)
c0088739_19574213.jpg


生地はもう、シットリを通り越して、今にもバターが溢れそうなくらいジュクジュク。
とてもしっか~り甘いです。
しかし、そこにドライフルーツが入る事によって酸味が加わり、甘さとのバランスが絶妙に!!

うわ~もう凄い美味しいですっ(滝涙)
好み直球ストライクど真ん中バッターアウトっ!!


タイプ的にはお菓子寄りのシュトレンでしょう。
あ、スパイスは入っていませんでした。


賞味期限は長いですし、まだ半分くらい残っていますので、熟成させて
様子を見てみます。
どんな風になるのか、楽しみです!



そして、通販するからと、無理矢理に便乗させて頂いたシュトレンがひとつ。
大地堂」というお店の…

【白いちじくと黒けしのシュトーレン】
c0088739_19585460.jpg
これは凄い独特ですよね~。とても力強い風貌です。
c0088739_19592915.jpg
渦巻いているケシの実の中には、切っても切っても出てくる、
金太郎飴のようなイチジク!
c0088739_19595515.jpg


後ろ姿がまた、ダンディーで(笑)ステキです…
c0088739_2001291.jpg


粉のひと粒ひと粒が大きくて粗くて。
ディンケル小麦という自家製の粉の全粒粉を使用しているとの事で、生地はサックリと
香ばしくて。
バターや砂糖、スパイスも入っているようですが、とにかく粉の力強さが凄い感じられます。

そして特に気に入ったのが、黒ケシの実の塊部分。
サクッとしていて、ほんのり甘くて美味しい!
この中にネットリしたイチジクが入っているのが、また良いんですよ~

形も味もユニークで。背後に稲妻が走りました(笑)。
シュトレンと言わず、通年売ってくれても良さそうですよね!?




そして、シュトレンに便乗して、パンも買ってきて貰ってしまいました(汗)
(お手数かけてしまいスミマセンorz)






「Four de h」からは…

【パン・ド・セーグル】
c0088739_2004682.jpg
先頃の関西旅で買わなかったので、ずっと心残りだったんです。
お店以外で、改めて見ると大きいですね~。

気泡はポコポコありますが、中はとてもシットリ・ネッチリ。
c0088739_2005877.jpg

ライ麦75%だそうですが、酸味は無く、思ったほど濃くもクセも薄かったので
とても食べやすかったです。

常温4日間くらい塊からスライスして食べたのですが、全くパサパサにならず、
旨味が増していったのは恐れ入りました。

アッシュには、具が色々入ったパンがありますが、やはり基本のパンの、美味しさの
下支えがあってこそ。

東京・下赤塚にある某店(笑)もそうなんだよな~と、ふと思ってしまいました。



そして「大地堂」からは…

【ディンケルつぶつぶフロート】
c0088739_2011612.jpg
ディンケル小麦と、ヒマワリの種・胡麻・亜麻仁・燕麦(エンバク)、ライ麦をこね合わせたパン。

これ、パンというより、その名の通り、各々の粒々を合わせて形にしたものを
食べている感じで(笑)。
c0088739_201329.jpg

つぶつぶつぶつぶ、も~とても楽しい食感です!
塩分控えめの薄味なので、雑穀そのものの味を存分に堪能できました。



この度、bonさんのおかげで、本っっ(中略)っっ当に夢にまで見たアッシュの
シュトレンやパンを食べる事ができて、そして素敵なお店のシュトレンにも出会う事ができて…

もう頭が上がりません…orz

すみません、そして、有難うございまいた!!


が、しかし。衝撃はまだまだ続く…
[PR]
by tsure-dure | 2008-12-19 20:25 | パン