人気ブログランキング |

つれづれなるままに。


by tsure-dure
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

08年シュトレン祭り! ラストは番外@Zopf

今年は本当に様々なお店のシュトレンに出会う事ができました。
買ったものや頂いてしまったものetc…

諸々含めると、もしかしたら10種類くらい食べたかもしれません。


最後は、シュトレンでないのがタイトルに偽り有りなのですが(汗)、
Zopfより届いた、「ダイフェカーター(Duivekater)」という、ベルギーのクリスマスに
食べられるという、伝統のパンです。

パンクラブ限定注文で、予定数オーバーの為抽選になってしまったらしいのですが、
何とか購入することができました!

詳しい説明はこちらのページに譲るとしまして…(逃)


こんな素敵な箱に入れられて入ってきました。
c0088739_22404656.jpg


そしてご開帳!長さ30センチ・重さは530グラム超ある、大きなパンです。
c0088739_2241614.jpg

c0088739_22412123.jpg







c0088739_22414525.jpg

c0088739_22415989.jpg

c0088739_224291.jpg
「悪魔の牡猫」という、なにやら不気味な別称もあるこのパン。
ページの説明によりますと、魔除けの為、昔は本物の猫を生け贄に使っていたそうですが、
次第に猫の形のパンを代用にするようになったとの事。

端の丸まった部分、これは猫のスネの骨を模したのだとか。
c0088739_22422916.jpg


模様は、本来のものはもっと別らしいのですが、これはZopfオリジナルだそうです。
c0088739_22431125.jpg


ちょっとアングルを、アンドレア・マンテーニャ《死せるキリスト》風に。
c0088739_22435133.jpg



原材料は、小麦粉・きび砂糖・天日塩・生イースト・フレッシュバター・牛乳・レモン
180度で70分しっかり焼かれ、2ヶ月も長期保存可だそうです。

絹のような、口に入れるとスッと溶ける、とても軽くてなめらかな生地。
レモンの爽やかな香りと、ほんのりの甘味が印象的でした。
c0088739_22442239.jpg


個人的に好きなのが、表面の焼き色部分(笑)。ここがもう香ばしくて!
中のレモン風味と合わさった時に奏でるハーモニーが堪りません。


大変失礼ながら、特別に「もの凄~~~~く美味しい、絶品っ!」というパンでは
ありませんが(すいません!)、由来などを思い浮かべながら食べると、長い伝統の風が
感じられるような、そんな重みのあるパンです。

このような貴重なパンを頂ける事が出来、本っ当~~っに心より嬉しく思っています!
来年もまた焼いてくれると良いな…なんて…。



あ~何とかクリスマス過ぎずにシュトレン関係の記事をまとめられました(汗)

自分でもこんなに買った事はなかったですし、そしてbonさんのおかげで
貴重な関西のシュトレンも頂戴することが出来て、近年稀な、素敵なクリスマスになりました!

また、食べたかったけど諦めたシュトレンも数多くあったので(涙)、来年はもっと
色々なお店のシュトレンを楽しめればな、という密かな野望を抱いています(笑)
(だから、鬼が腹膜炎起こしそうな話は止め(以下略))
by tsure-dure | 2008-12-24 22:54 | パン