つれづれなるままに。


by tsure-dure
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いざ、さらば@Boulangerie Benoiton(ⅱ)

何気にネットニュースの文字を追っていましたら、

”ドラマ「トリック」4年半ぶりSPドラマ”

とな!

これは嬉しいニュースです。「トリック」大好きなので!
あの奇妙で独特なキャラや空気が堪らなく好きなんですよ。
やはり自分は1期が一番ですね~


食べ始めたら、もう止められない止まらないブノワトンのパン。
サンドイッチに続き、次は甘い系とかです。


【ミルキースティック】
c0088739_6303997.jpg
パン生地はクラストは少しパリッとしていて、クラムはヒキがありました。

中はミルククリームではなく、キャラメルクリームが挟まれていました。
c0088739_630522.jpg
このキャラメルクリームが、もう美味しかった!
甘くてコクがあり、そしてちょっとホロ苦さが残り・・・


【クリームパン】
c0088739_6311345.jpg
「NEW!」とプライスカードにあったので、新作みたいです。
あれ、今までブノワトンにクリームパンって無かった・・・でしたっけ?

生地はブリオッシュでして、歯切れが良く、リッチ。

そしてそして、中のカスタードクリームがこれまたウマかったっっ!
c0088739_6315026.jpg
卵の風味はしっかり出ていますし、更にはバニラビーンズの風味もたっぷり。
舌触りも、クリーミーさとポッテリさの中間で、絶妙なんですよ!

パン屋さんでは定番のクリームパンですが、「ブノワトン」という
個性にあふれた、とても素敵なクリームパン。





【カヌレ】
c0088739_6323633.jpg
ちょっと小振りな感じのカヌレ。

が、小さいけれども、その実力は大きかった。

外側は焦げて嫌な苦味が出る寸前、という所まで焼き込まれており、かたく。
生地が固まっている底部分などは、もうカリッカリ。
c0088739_633052.jpg
中はそれとは対照的に綺麗な卵色で、少しネッチリさの残るやわらかさ。
卵のやさしさに溢れていて、外側と対照的で、楽しく美味しく堪能させて頂きました。


【ショコラ・パリ】
c0088739_6333421.jpg
帰る為に駅へ向かったのですが、ちょっと訳アリになってしまい、
途中で引き返し、お店へ再び入った丁度のタイミングでこのパンが出てきまして。

焼き立ての小さなバゲットは、熱々。
おかげで、中に挟まれたチョコレートは溶けて、トロリやわらかい状態でした。
c0088739_6335551.jpg

バゲットがもう、クラストがパリッパリで!!しかも凄い味が美味しいしで・・・
焼き立て万歳!!

チョコレートも甘くて・・・美味しさの二重奏。
何も考えられず、頭の中真っ白状態で食べ尽くしたのでした。

「無我夢中」という言葉は、正にこの状態。
食べてる間、本気で至福の極みでした。


【クロワッサン・リッチ】
c0088739_6341285.jpg
ブノワトンといえば、そう、クロワッサン!!
「アンティーク」が、この「リッチ」に模様替えです。

形は変われども、生地の層は踏襲していまして。
1層1層、見事にハッキリ・クッキリ明快です。
そして、口に含んで尚、層が確認出来て・・・
c0088739_6343480.jpg
こんなにシッカリしているので、もちろん生地はパリッパリ。
気持ち良い音が鳴り響く!

そして、中は少しモッチリ。
バター風味はあまり濃くなく、どちらかというとスッキリした味でした。
c0088739_6345459.jpg


やはり特筆は、生地の層具合かと。
「これがブノワトン」と、しみじみ思わせられました。



サンドイッチ、そしてこれら甘い系、全部一度に食べましたが、何か?(笑)
いやいや、全体的に大きさが小振りなので、スイスイ食べられるんですよ~(焦)

それに、本っっ当においしくて、止まらなかったんです(汗)!
[PR]
by tsure-dure | 2010-03-16 06:38 | パン