人気ブログランキング |

つれづれなるままに。


by tsure-dure
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
お店に並んだパンがどれもステキで、テンション上がりまくり。
そんな<麻や。>パン、選んだのはこちら~


【バゲット】
c0088739_8323097.jpg
とにかくルックスといい、焼き色といい、見た目でノックアウトの素敵さ。

カットする時の手に伝わる、パンの固さに期待が膨らみます。


気泡も勿論しっかり有り。
粉の香りは少ししますが、特に強い印象はありませんでした。
c0088739_8333472.jpg
味も、食べた瞬間にガツン!と来なかったのですが・・・しかし、
噛めば噛む程粉の味がジワジワジワジワ出てきまして。

それに、クラストの香ばしさが素敵なんです!

バゲットというパンは、中より皮を楽しむ、という位置づけですが。
まさにこの通りだな~と思いました。

いやもう美味しかったです。自分の中で上位!


【食パン】
c0088739_8334350.jpg
非常~~っに楽しみで仕方ありませんでした。

うお~ミミはシッカリ丈夫で、クラムはキメ細やかで軽いですが、
コシと歯切れの良さがある好みストライクさ。
c0088739_834083.jpg

味の方は、ほんのりとした甘さとバターの風味とてもあって、リッチ。
あっさり、ではなく、味わいとコクがしっかりあります。

ナマでもトーストしても本当に美味しかった!
端部分ですと、1面が全部ミミになるので最高ですねっ!!

・・・実は2斤買ってしまったのですが、いやもう全く後悔どころか
「2斤買って良かった」ですよホント。
1枚だけのつもりが、もう1枚・・・と、止まらない危険な食パン(汗)

More
by tsure-dure | 2010-05-16 08:43 | パン
最近ちょっと忙し気味で、チト更新が滞りがちになりそうです。
まぁ慌てず、まったりといきたいと思うところです。


ところで。

先日行った、諏訪の奇祭である「御柱祭」。
柱を建てる「建御柱」にて悲しい事が起こってしまいました・・・

ニュースを知った時は、本当に驚きました。
分社の方でも事故がありましたし。危険と隣り合わせのお祭りですよね。


守矢史料館の後、史料館と本宮の間にあった、この急傾斜の石段を登ってみましたり。
c0088739_2105155.jpg
登り切ったそこには「北斗神社」という神社が。
祭神は「天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)」という神様だそうです。
1825年に建てられたそうな。
c0088739_2111551.jpg

c0088739_2112535.jpg


諏訪盆地を一望できるほど、眺め抜群!
c0088739_2114084.jpg
・・・が、帰りの下り階段はちょっと恐怖(汗)

博物館前にある足湯に行ってみたり、
c0088739_212272.jpg

c0088739_212453.jpg


おんべ付き御柱が庭にあったり、
c0088739_2125941.jpg


帰りの高速道路に乗るまえに諏訪湖を眺めたり、
c0088739_2133163.jpg


諏訪湖SAにて「ドライバーは何処へ行った!?」と待っていると、
そのドライバーはひと風呂入っていたり、
c0088739_2134537.jpg


「みそぱん」を食べてみましたり。味噌の風味はほんのり、という感じでした。
食感は・・・アレです、アレ。
c0088739_21452.jpg
ジットリした卵パンに似ているような気が・・・。



帰りの車では、お約束の場所にて渋滞に巻き込まれてしまったのですが、
何とか無事、日付が変る前に自宅に到着出来まして。
(そして渋滞中は爆睡してしまいましたスイマセンorz)

この度の高速道路といえば。

乗せて貰った車のカーナビがあまりにも古く、圏央道を通った時は
道なき道を走り続ける様が映し出されたり(笑)、
合流地点で事故があったので渋滞していたのですが、その路肩には
「どうやったらここまで燃える?」という程に焼けた車の残骸があったり(汗)


いや~何だか実に濃い1日でした!
みんな、是非また遊びましょう~!

せっかく今回、諏訪大社を訪問したので、何だか今年は大きな神社を訪問してみたい
気分になっていたり。
やはり、あそことか、あそことか・・・
by tsure-dure | 2010-05-13 21:13 |
浜名湖のすぐ近くにある<石窯パン工房 Chevre>で、山羊さんに癒された後、
再び浜松駅に戻りまして。
次に向かいましたのは、今回のパン巡り大本命。

とにかくこのお店に、そしてこちらのパンに会いたかったんです!!

<La Boulangerie ASAYA.>
c0088739_21122675.jpg
うお~遂に、いま目の前にっ!(←大興奮)
c0088739_21125527.jpg


ディスプレイのパンでさえ見事で、美味しそう・・・
c0088739_21123813.jpg


店内は思ったより面積が無く、大人4・5人で満杯になってしまうくらい。
主に、ハード系のパンはセルフ式・デニッシュや菓子パンは対面式になっていました。
c0088739_21131158.jpg

c0088739_21132550.jpg


種類豊富!という訳ではなく、基本的なパンが並んでいる印象でした。
・・・が、到着時点でバゲットもカンパーニュも食パンも売り切れていたので、
もしかしたら他にもあったのかもしれません。

それにしても、本当にみんな美味しそう!(←大興奮)

More
by tsure-dure | 2010-05-12 21:29 | パン
浜名湖の間近にある、緑が気持ち良いパン屋さん<薪石窯パン工房Chevre>。
お持ち帰りしたパンはこちらです。


【パン・オ・カンパーニュ】
c0088739_17403937.jpg
シェーブルのパン、一発目!一番楽しみにしていたパンでした。

石窯で焼かれたという事で、広島<deRien>のようにガッシリしたパンかな?と
想像していたのですが。

クラストは殆ど無いタイプで、クラムも軽くヒキがありますが、フワリふっくら。
全体的に柔らかいかな、という印象が。
c0088739_17411295.jpg

酸味は無くストレートで香りが清々しくて、とても食べやすかったです。

More
by tsure-dure | 2010-05-08 17:48 | パン
   信濃なる 岐蘇路の桜 咲きにけり 風の祝に 隙間 あらすな

御柱祭と共に、訪れてみたかったのが「守矢史料館」です。
c0088739_2258365.jpg

c0088739_225922100.jpg

理由は・・・ええと・・・思いっきり某キャラです、ハイ(笑)。
とはいえ実際、現人神は「大祝(おおほうり)」の諏方氏の方で、守矢氏は
神事を仕切る「神長(じんちょう)官」という役職なのですが。

場所は上社の本宮と前宮の中間くらいの位置にありました。

この門から中に入ります。ドキドキの一瞬です。
c0088739_2259379.jpg


まず目に付くのが「祈祷殿」。
c0088739_2303964.jpg

c0088739_2305923.jpg
代々この中で、火の気の無い真夜中に口伝により神事の秘法を伝えたそうです。
しかしその秘法も、近代化の波に呑まれ永遠に失われてしまったのでした・・・。


広さ5452坪という敷地には様々なものが存在していました。
c0088739_2312019.jpg


まずは守矢史料館。
c0088739_2313792.jpg
時期に合わせて御柱祭の企画展をやっていました。

そして「御頭御社宮司総社」。
c0088739_2321762.jpg
守矢家の氏神・ミシャグジ神を祀った神社だそうです。
横には小さな祠と、やはり御柱が。
c0088739_2323687.jpg


・・・他にも古墳など色々あったのですが、下調べ不足で気づかず(涙)

御頭御社宮司総社から眺めた景色は気持ち良かったです!
c0088739_23191411.jpg


さて、では史料館の中へ入るとしましょう。
c0088739_2325420.jpg


文書の展示物を除き撮影可だったので、色々写真を撮らせて頂きました。
c0088739_2335992.jpg


More
by tsure-dure | 2010-05-07 23:28 |
昔の私ゃチョットした 容姿端麗有名神
 誰もがウワサしたもんさ「諏訪に洩矢あり」
 連れて来いミシャグジ(良うござんす) 肩を揉めミシャグジ(良うござんす)

 今じゃセロテープ以下で諏訪 フェイス ダダ下がり
 誰が軍曹だ自重せい サスガだね戦後生まれ
 飯作れミシャグジ(NOござんす) 酒を盛れミシャグジ(NOござんす)



木々の緑の中に、静かに古より佇む神聖なる場所・・・
c0088739_22162313.jpg

c0088739_22172882.jpg

・・・普段はそうなのかもしれないのですが、とにかく人!ひと!ヒト!!!
他の地域からに加え、ここに住んでいる人達全員がこの場所に集まって
いるんじゃないかって程です。

先月、諏訪大社・下社の木落しを見に行きましたが、
今度は上社の「里曳き」を見てきました!
c0088739_22183161.jpg

下社の盛り上がりも凄かったですが、上社は更に凄かった。

いや~本っ当に凄い人出!
「人を見たければ御柱祭に行け」という言葉があるくらいの混雑っぷり。

神社の敷地内も人に溢れていまして、上手く見学できずorz
曳いてきた御柱も、神社の目の前まで到着していたのですが・・・(涙)

あまりじっくり見られなかったのですが、

徳川家康が寄進したという「四脚門」。
c0088739_2219045.jpg

c0088739_22191331.jpg
本宮で一番古い建造物だそうです。
そして、隙間から巫女さんがチラリと見えて小躍り(笑)

この日、とてつもない迫力の太鼓の演奏を見事披露してくれた神楽殿。
c0088739_22192918.jpg
太鼓、本当にデカかった!そして音が体に響きました。
「やっぱ打楽器は音楽の原点だね!」(By ヤドヴィ(のだめ))

江戸時代の相撲取り・雷電為右衛門の像が。
c0088739_2220742.jpg
神事として奉納相撲が行われるようです。確かに敷地内に土俵がありました。
・・・しかし、諏訪大社と雷電は無関係だそうな(汗)

More
by tsure-dure | 2010-05-06 22:42 |
ちょいと浜松城を見学したり、神社に行ってみましたりしますと、
次のお店へ行く為のバスの時間が迫っていました。

バスに乗り込み、ゆらゆら揺られること40分強くらいでしょうか。
着きまして、降りると目の前にあったのは・・・浜名湖!
c0088739_1764238.jpg
道中、佐鳴湖も見えたのですが、うお~大きいぞ~


バス停から歩き進みますと、程なく住宅街の中に緑が現れまして。
眩しい緑を背景に、そのお店はありました。

c0088739_1765920.jpg
薪石窯パン工房Chevre(シェーブル)>です。
c0088739_1771811.jpg


お店の横には、噂の面白い自販機がちゃんとありまして。
c0088739_1775990.jpg

c0088739_1781388.jpg
ええと・・・電車?バス??

そして、お店のマスコット・山羊さんの看板が。
c0088739_1783473.jpg



開店ちょっと前に着いたので、少し待ちまして、いよいよ開店です。
この開店の瞬間というのは、何と胸がワクワクする事か!

More
by tsure-dure | 2010-05-05 17:23 | パン
   嬉やと 再び覚めて 一眠り 浮世の夢は 暁の空

<Baguette>にてエネルギー補充完了!
それでは、次の目的地へ向かう間の時間が取れるの今のうちに
街を見学しておきましょう~

浜松といえば、個人的に思い浮かぶのが徳川家康。
その徳川家康が17年間過ごしたのが、こちら浜松。

浜松城は昭和34年に復元されたようです。
そのお城は、浜松城公園内にありました。
c0088739_1531342.jpg


石垣を上る前に、堂々たる徳川家康像が。
c0088739_15315330.jpg

c0088739_1532760.jpg


ナゼニ「若き日」・・・(笑)
c0088739_15322953.jpg
いや、入城は29歳の時らしいですが。

石垣を登りますと、そこには復元された天守閣が。
c0088739_15325268.jpg

c0088739_15341818.jpg

c0088739_15332323.jpg

残念ながら時間的に中に入る事は出来ませんでしたが、
外の姿はしっかり見られました。
(名古屋城は遠目でしか見られなかったなぁ、と思い出されたり・・・)

井戸なんかもありましたり。
c0088739_15343998.jpg

c0088739_15345978.jpg


お城から望める浜松の街。うわ~おっ空が広いぞ~!
c0088739_1535197.jpg


More
by tsure-dure | 2010-05-05 15:48 |
やって来ました浜松っ

何気に良さそうなパン屋さんが幾つも目に付き、ずっと引っかかっていまして。
そしてこの度、念願だったこの地を訪問する事が叶いました。


毎度の如く、交通手段は高速バス。
到着は予定より早く・・・朝の5時ちょっと過ぎ。
それでも元々の到着時刻も5時30分。

「うお~こんなに早く着いてどーするんだー」と困ってしまいました。
が、朝早くからオープンしているパン屋さんがある!

しかし遠鉄もバスも始発は6時台・・・移動手段、徒歩あるのみ。

な・何とか歩いて行ける距離で良かった、という事で。
浜松パン屋さん巡り、1店目はこちら<Baguette>です。
c0088739_1448818.jpg
朝5時30分という早朝から開いていてくれるので、本当に助かりました。
c0088739_1450338.jpg


写真の通り、赤くてパリっぽいお洒落な外観。
c0088739_14501993.jpg


更に開店時間にはバゲットも焼き上がっているという情報だったのですが・・・
ちょっとまだ窯入れ前だったようです。

パンの品揃え的には、デニッシュ系と総菜系フランスパンがありまして。
やはりまだまだこれから、という雰囲気でした。


何はともあれ朝ご飯!
そして、記念すべき浜松での最初のパンは、

More
by tsure-dure | 2010-05-04 14:57 | パン
2010年、日本列島いよいよGW突入!

泊まりで旅行、という様な長期の予定は無いのですが、
先日、ちょいとこちら↓のパン屋さんを中心に1日巡ってきました。
c0088739_16233173.jpg

お天気には恵まれた・・・のですが、強風に泣かされました(涙)悲しいくらいにorz
いやまぁ雨じゃなく、寒くなかっただけ良しとしましょう!

そして、またまたやってしまった大ドジ。
大事なかったのですが・・・ホントしっかりしましょうよ自分~
by tsure-dure | 2010-05-02 16:26 |